一般病棟

所属科 主に内科、外科、眼科、泌尿器科、小児科(レスパイト)

業務内容

  • 地域で入院加療が必要な方々の急性期看護
  • 複数の疾患がある高齢患者の総合的な看護
  • ADL(日常生活動作)の低下予防と必要な援助
  • 各種治療・検査に対する看護
    ・化学療法
    ・上部・下部消化管内視鏡検査 EMR(内視鏡的粘膜切除術)
    ・ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影) ERBD(内視鏡的逆行性胆道ドレナージ)
    ・食道・胃十二指腸・大腸ステント
    ・胸腔ドレナージ
    ・胃瘻造設
    ・白内障手術・緑内障手術

方針

患者様の人権を尊重し、安全で安心な看護ケアを提供することを目指しています。
急性期病院からの継続治療に加え、患者様のニーズに合わせたがん看護(化学療法、緩和ケア)、消化器内視鏡検査・治療、NSTなどにも積極的に取り組んでいます。
また、入院時から退院後の生活・在宅復帰を視野に入れており、近隣の医療機関や施設等と連携を図り、患者様やご家族をサポートする体制を整えています。
将来を見据えた医療・看護計画で、患者様が1日でも早く元の生活に戻れるよう援助しています。

療養病棟

所属科 内科、外科

業務内容

  • 長期療養患者の看護
    ・発熱や疼痛等に対する対症療法
    ・嚥下訓練を行いながらの摂食療法
    ・経口摂取困難者への中心静脈栄養法による点滴注射の管理
    ・入浴介助・全身清拭・排泄等、日常生活の援助
  • 医師による褥瘡回診や全員回診
    ・患者の全身状態の把握
    ・ターミナル期の方の緩和療法の手伝いや看取りの看護
  • 理学療法士や作業療法士、言語聴覚士によるリハビリテーション
  • QOL(生活生命の質)を図った退院調整

方針

療養病棟であるため、患者様やご家族の方々とは数か月という長いお付き合いになることもあります。コミュニケーションをしっかり取って信頼関係を築くことを大切にしており、医療従事者側の考えもお伝えしながら、患者様やご家族の思いに寄り添える看護を目指しています。
高齢で寝たきりの患者様が多く、意思疎通困難な場合もありますが、“人としての尊厳を守る看護”を心掛けています。

外来

所属科 内科、外科、小児科、泌尿器、眼科、耳鼻咽喉科(現在、休診中)、専門外来(糖尿病、循環器内科、肝炎)

業務内容

  • 乳児期から老年期の方まで包括的な医療
  • 内視鏡検査による疾患診断と専門的な治療
    ・EMR(内視鏡的粘膜切除術)
    ・ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)
    ・ERBD(内視鏡的逆行性胆道ドレナージ)
  • 泌尿器科:生検検査、前立腺癌に対してのホルモン治療
  • 小児科:定期予防接種、任意接種のワクチン
  • 眼科:白内障等の手術を行っており、日帰り手術も可能です。
  • 特定健診・人間ドック
  • 生活指導・食事指導
  • 化学療法治療

方針

当院は新見地域の中核的な病院として、乳幼児から高齢者まで幅広い世代に対して医療を提供しています。
疾病だけを見るのではなく、患者様の生活背景を考慮しながら、住み慣れた地域で最期までその人らしく安心して生活できるよう援助させていただきます。
そのために、地域の診療所や福祉施設、ケアマネージャーと連携しながら、明るく優しい看護を心掛けています。

臨床検査室

業務内容

  • 採取した血液や尿、便、胸・腹水等を用いた検体検査業務
  • 心電図、肺機能、超音波、睡眠時無呼吸検査などの生理検査業務

方針

私たちの使命は的確な診断と治療の要となる「信頼性の高い測定結果」を医師へ迅速に届けることです。

放射線科

業務内容

  • 一般Ⅹ線撮影
  • Ⅹ線TV装置・Ⅹ線CT装置による各種画像診断
  • 検診、ドック等での胃部Ⅹ線撮影および超音波装置によるスクリーニング検査
  • 上部および下部消化管の内視鏡検査のバックアップ

方針

放射線量の低減を第一に考え、検査の拘束時間をできる限り短縮するよう努力しています。
患者様が安心して検査を受けていただけるよう、患者様一人ひとりに寄り添い、丁寧な説明や声掛けを心掛けています。

リハビリテーション科

準備中です。

 

栄養部

業務内容

  • 栄養給食管理
    ・安心・安全でおいしい食事による治療
    ・家庭でも簡単に作れる料理を中心とした献立
  • 栄養指導
    ・医師の指示のもと、外来・入院中に個別対応(予約制)
  • 特定保健指導
    ・メタボ予防のための生活習慣チェック(予約制)
    ・人間ドック利用の方向けの手作り弁当

方針

「食べることは生きること」
新見市は高齢者が多く、食べること自体が治療の一つになることも。そこで当院は、独自の献立によるシルバー食を作成しています。食材にはやわらかく食べやすいものを厳選して使用。肉や魚のパサつきを軽減するなど調理法を工夫して、個々の嗜好や形態に配慮した食事の提供を心掛けています。

事務部門

業務内容

  • 医事(外来・入院窓口業務)
  • 総務・経理(福利厚生、職員の給与計算、経理事務)
  • 施設管理(院内設備管理)
  • 病棟クラーク(病棟看護師の事務作業サポート)
  • 地域連携室(入退院調整)
  • 医師事務(書類作成)
  • 診療情報管理室(データ提出)

方針

事務部門の仕事は窓口業務・レセプト請求業務など多岐にわたります。受付から会計まで患者様に接する機会が多い部署ですので、笑顔で親切丁寧な対応ができるように心掛けています。
また、部署内で毎朝ミーティングを行い、日々の業務の確認や反省を行っています。診療報酬にかかわる情報は皆で共有し、正しい保険算定ができるように努めています。