理事長ご挨拶

理事長・院長 治徳 通博

理事長・院長
治徳 通博

新見中央病院は昭和39年に開設され、長年に渡り幅広い世代の皆さまの健康を管理し、疾患の早期発見や感染症予防に努めています。そして、地域の皆さまの強いご要望にお応えし、常勤の小児専門医により子育ての安心できる環境づくりの一端を担っています。

当院では、総合的なおかつ専門的な診療を可能とするための医療体制を整え、最新の検査や医療の機器を導入し、内視鏡的治療など疾患の早期治療や体への負担の少ない安心安全な医療を提供しています。
また、総合病院との医療連携により、皆さまがお住いの新見市で質の高い医療や緩和治療を受けていただくことを目指し、病院全体の技能向上に取り組んでいます。
多職種のチーム医療でお一人おひとりに寄り添い、介護や福祉の面からも関連事業所にご協力いただきながら、在宅治療や生活支援で日々の生活をお支えしています。

これからも頼りにされるかかりつけの病院として、職員一同励んで参りたいと思います。皆さまのご支援、ご指導をよろしくお願いいたします。

理念

職員一人一人が地域の皆様に、信頼される医療を提供いたします。

基本方針

  • 信頼関係を築き納得、同意に元ずく医療に努めます。
  • 医療の質の向上に努めます。
  • 安心して医療を受けることが出来る体制づくりを目指します。